読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚5年目までが一番辛い

本日2本目!

ここ2・3年私のまわりでよく話題になるのが離婚。

性格が合わない、夜の営みを拒否される、なんかめんどくさい、と大体この3つです。

そしてこの離婚という言葉が出てくるのは結婚5年未満の夫婦が非常に多い。

でもこれ、どの夫婦も通る道ではないのかなと思います。

うちの夫婦もそれっぽい話が出たことがあります。(やっぱり5年以内だったw

 

結論は、こんなの当たり前。

性格が合わないていうか、いままでの当たり前の生活が夫婦別々にありますよね。

ごく普通にやってきたことを、ごく普通に夫婦生活でやるともうそれ相手は普通じゃないからねw

掃除の周期、洗濯物の干す時間、冷蔵庫の入れ方などほんと些細なことでケンカして、これが積もりに積もって爆発する。

うちだって目玉焼きに醤油をかけるのか、マヨネーズなのかで3日ケンカした覚えがあります。

↑が1~2年目

次に子供できて育児に追われる奥さん、そこから来る会話レスとセックスレス

これを機に言いたいことがお互い言いにくくなって一緒にいる意味を失う。

まぁ毎日会ってりゃ会話なんてなくなるよねw

でも話をすることは非常に大事なので、どうでもいいような話でも積極的にやるべきだと思います。

女性が結構軽く考えているのがセックスレス

よくあるパターンは奥さんが母に変わってから、誘っても拒否される。

それを数回繰り返すうちに「もういいや…」と男の人はなります。

逆もありますが、とにかくお互いのセックスに対するギャップが大きい場合はこうなります。

日常生活の不一致は慣れですが、会話と夜の営みは慣れると愛情の面に問題が出てきます。解決せずぐだぐだ年数だけ重ねるとどんどん言いにくくなってきます。

早いうちにやっつけて結婚生活を楽しみましょう。

 

思ったことバァーと書いたから文章変かもw