四時父 blog

男目線での子育て中心に、思い立ったことを書いています

田舎住みにはない耐え難い都会でのストレス

f:id:yojichichikun:20170725101536j:plain

どうもこんにちは。四時父です。

わたくし20代前半の4年間ほど仕事の関係で、都市部に住んでいました。

県の中でもそこそこの規模の市に生まれましたが、休日でも駅前は数えるほどしか人のいない寂れた所で、公共の乗り物は30分に1度なんてザラにありました。

そんな人間が都会へ行くことにより、考えれば普通にわかるごく当たり前のことが非常にストレスだったことを書いていきます。

 

電車

田舎の人には鉄板ではなかろうか。

乗ったことすら記憶にない人も多いだろう電車。2・3分おきに来る電車は非常に便利で1本遅れてもなんら問題ない。この便利な電車は一番辛かった…。

満員電車

乗る時もギリギリ、降りるときにはすでに中央付近に押し込まれ、出れない状態w

慣れるまでは降りれないこともシバシバ…。

帰宅時の電車はさらに辛く、満員電車に加え仕事帰りのおっさんから出る加齢臭。

人に揉まれた上にこの悪臭は何の拷問だと感じることもありました。

 

行列

電車は避けて通れない道ですが、こちらはまだ避けて通ることが出来たのでまだマシ。

特に感じたのが飲食店。

休日には当たり前のように1時間待ちがある。

友人に「1時間ならまだマシよ」なんて言われて、マジかと思ったことは今でも覚えてる。

 

言葉

個人的には沖縄、関西、東北の人はここにストレスを感じないイメージがあります。

方言をそのまま使っていくスタイルの人が多い。

その土地に合わせるか、合わせないか、個人の思い1つでストレスはなくなりますね。

わたしは合わせるほうだったので、はじめの半年は一言喋るのに結構苦労した覚えがあります。

慣れればなんら問題なし。

 

以上3つが特にストレスを感じたことです。

加齢臭だけは4年間で適応できなかったことが悔やまれる。

手足口病を甘くみちゃダメ

f:id:yojichichikun:20170724170023j:plain

どうもこんにちは。

本日2本目の投稿です。

たった今、うちの双子と病院から帰ってきました。

病名は手足口病でした。

口内炎ができていると食事するのにも痛いですが、それもなく至って元気です。

子どもの病気のイメージが強いですが、大人でもかかる可能性は十分あるようで、咳、くしゃみ、オムツ交換などから感染します。

大人はかかりにくい反面、症状は重くなりがちで、

40°以上の高熱、痒み、酷いと爪が剥がれるようです

詳しくは日本医師会

http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

怖いからしっかり対策をしましょう!

 

働かせない動きが加速してるけど大丈夫?

f:id:yojichichikun:20170724131255j:plain

どうもこんにちは。

平成30年にキッズウイークを導入する流れとなってますね。

これの導入により、年間の有給が3日間増えて、9,200億円の経済効果あります!

やったー。めでたしめでたし。じゃねーよ!w

その前に改善するところがあるんじゃないの?

 

平均より中身が大事

全企業年間有給休暇取得日数平均8.6-9.0日

平均という言葉は怖いもので、日本の企業数の内97.7%(約3,300万人)を占める中小企業の平均取得日数が6.5日と2日以上違いがあり、0.3%の大企業(約1,400万人)が平均値を押し上げている形になります。

そもそも取りにくい中小企業で、キッズウイーク導入することにより促すんじゃなくて強制的にとらせるようにしないと、大企業との差が開くだけではないのか?

そして平均年収、全企業の平均年収は414万、そのうち300万以下の比率は40%超えとほぼ半数が300万以下の年収です。

こちらも格差が大きく、高所得者が平均値を押し上げています。

能力の差が所得の格差になっている場合が多いので、所得格差はあって当然という考えですが、キッズウイークが義務化(義務化で本当に有給扱いになるかは怪しい)したとして、低所得者の方にメスを入れないと、生活がカツカツなのにどこにも行けないじゃん。

休みを多くとらせるのが悪いとは思わない。けど、それに使う金がないと効果は薄いんではないだろうか。

〇〇「またばら撒くか」

ではでは。

 

 

 

ワンピースもう20年か、そりゃおっちゃんになるよな。おめでとう!

f:id:yojichichikun:20170722101027j:plain

どうもこんにちは。

本日7/22日でワンピース連載20周年を迎えました。

いやー早いもんすね。私が中学生の時にはじまって、もう20年ですか。

笑いあり、感動ありで非常におもしろくて新刊を心待ちにしております(単行本派!

100巻もだいぶ近づき勢いは増すばかり。

好きなマンガなので長続きしてほしいですね。

同じ時期にはじまったHUNTER×HUNTERとは、3倍くらいの差か(もう少し出してほしいね)

この記念の節目でハリウッドによる実写化!

たしか以前ドラゴンボールも実写化された気が…。これは地雷臭がやばいなw

 

ここで長女に質問!家族をワンピースのキャラに例えるなら?

父・・・フランキー。まぁ少し太めだし妥当か。

母・・・ブルック。まぁ細いからな。母「ロビンだろ!」と抗議。

妹・・・チョッパー。カワイイキャラなので妹納得。

長男・・・ゾロ。男だかららしい適当w

次男・・・サンジ。長男と一緒で適当w

長女「わたし?もちろんナミよ!」一番無理があるわ!

ではではー。

 

 

ポケモンGOが全然話題にならなくなったね

どうもこんにちは。

2016年7月にリリースされたポケモンGO

良いニュース、悪いニュース様々でしたが、その影響力はものすごかった。

私も去年の11月ごろまではなんとか踏ん張ってやってましたが、もう無理w

近所を徘徊するのが非常にめんどうで、周りの人達も離脱しました。

やめてからはまーーったくメディアに取り上げられることも少なく、情報が入ってなかったので、どうなってるのか調べてみました。

 

ユーザー

ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏によると今年の4月時点でまだ

全世界6500万人のユーザーがいるようです。

日本でメジャーなモンストが今年の1月時点で全世界4000万人らしいので、驚異的な数字。まだまだ安泰ということでしょうな。

 

2016年11月以降に変わったこと

第2・3世代追加

 ・今年の2月17日に実装。ポケモンは赤緑の世代なので第2世代についてはまったく知  

  識がない。第3世代はそろそろ実装されるようです。

 

レイドバトル

 ・サービス開始から言われてたレイドバトル。  最近実装されたようで、協力して 

  倒すとレアキャラゲットのチャンスだそうです。

 

その他

 ・その他イベントがちょこちょこ行われています。直近では1周年記念があるような

  ので、盛り上がるんでしょうねぇ。

 

終わりに

ほんと触り程度調べてみましたが、またやってみるか!という気には全然なりませんでした!おわり。

スーパーでの買い物が修羅場と化した話

どうもこんにちは。

子供をスーパーに連れて行くと結構大変ですよね~。

大変になることは想像できるので、うちの双子はいつも家に置いて買い物に行きます。

ただその日は安易すぎた私の行動で、非常にめんどくさいことに…。

 

その日は私1人で買い物に行くミッションになっていました。

私「買い物連れていったことないから、なんか連れて行きたいなぁー」

嫁「2人とも?大変よ?大変なの知ってるでしょ?」

私「分かってる。上の子の時も大変だったしね。でも今日は静かにしてくれそう!

 (根拠などない)」

嫁「では任せた」

私「了解」

 

さぁミッションスタート。

2人に行くそぶりを見せたら、玄関に大喜びで猛ダッシュ。

靴を履かせ、いざ出発。

到着して入口まで手をつなぎ特に異常なし。

子供用のカート2台は結構テクニックがいるので1つにし、兄は手をつないだまま

弟を乗せることに。

さぁ第一コーナー野菜。

順調に野菜をとってカゴへ。特に異常なし。

第二コーナー肉。

ざわざわ。カートに乗った弟が少し暴れだすが、あやせば大丈夫。

第三コーナー魚。

兄弟暴走モード突入。

兄、手をはねのけ魚に一直線!

それを見た弟、オレもオレもと暴れて泣き出す!

第四、第五コーナーを走り回る兄。泣きわめく弟を抱っこしながら、兄を追いかける。

ここからはもうイタチごっこ。

泣く。暴れる。走り回る。コケる。泣く。抱っこする。

もう買い物どころではないので、ぐずる2人を抱きかかえ適当に商品を買い、お会計を済ませ、知らんおばちゃんに、大変ねぇ。袋いれようか?との親切心も丁重にお断りし

なんとかミッション完了。

もう1人じゃ連れて行かねぇ!

 

 

 

 

残業代ゼロ、休日104日以上義務化へ…

f:id:yojichichikun:20170712103147p:plain

どうもこんにちは。

 人生における成功者である方々を対象に、労働基準法を改正する予定となりました。

 年収1,075万以上の高度な知識を持つ人(技術職ってことよね)が対象なので、人口の3%以下ですか。

 「オレ対象じゃーん。うまいことやってよ政府」って言えるレベルではない自分を恥じたいです。

 この改正が自分の問題になる前に、こっちの問題が先だろ!と思う部分もありますが、未だにこのレベルに到達できできていない自分を恥じて努力し、子ども達に伝えていきたい。と感じました。